So-net無料ブログ作成

夏の観察会と行田自然ウォークのご案内

夏の自然観察会と第31回『未来へ残したい行田の自然八景』ウォーク
星川とキタミソウについて(ご案内)

                            星川の自然とキタミソウを守る会
                          
異常気象とも言われる猛暑の日々が続いています。何よりも暑さ対策と体調管理が肝心なのではないでしょうか。迷わずエアコンを使うことにしています。
さて、恒例の夏の自然観察会が、みどりのぎょうだネットワーク主催の第31回『未来に残したい行田の自然八景』ウォークとの共催で、下記により開催されます。開催日の8月下旬頃には、異常な暑さからも解放されるものと期待しています。
なお、今回の観察会については、馬見塚橋周辺の観察後、関係団体及び市民の皆さんのご協力をいただき、南河原小・中学校と北河原小学校敷地内の桜の樹体への〝クビアカツヤカミキリ〟の被害状況を調査し、その対策等を講じられればと思います。
何かとご多用のことと存じますが、自然観察会及び、クビアカツヤカミキリの調査へのご参加、ご協力をいただきたくご案内申し上げます。

                  記


1. 日   時  2018年 8月 26日(日)  午前7時45分受付・集合、午前8時00分開始
           (小雨決行、午前11時30分終了予定。南河原中で現地解散)
           
2. 集合場所  行田市馬見塚 第2集会所前(西善院)

3. スケジュール ①馬見塚橋周辺の自然観察          午前 8:00~
          ②北河原小学校 校庭の桜の木調査     午前 9:30~
          ③南河原小学校      〃          午前 10:10~
          ④南河原中学校      〃          午前 10:40~

※ 南河原中学校では、「キタミソウを守る会」によるかき氷のサービスがあります。
(参加者は無料、お代わり自由です)
4、 その他   ・長靴、汚れても良い服装、筆記用具等
           

( 既に、市報等でご案内のように、須加小等でのクビアカツヤカミキリの被害が発生しています。市内の桜を守るためにも、皆さんのご参加とご協力を宜しくお願い致します。)

  ※ 問合せ先
  ○星川の自然とキタミソウを守る会   会 長 栗原二郎 048-557-0091
  ○       〃              事務局 江袋秀行 048-557-0061      

埼玉県が県民参加の調査を実施、集中調査機関・平成30年8月31日まで

はじめに はじめに
埼玉県では、 平成30年3月まに埼玉県では、 平成30年3月まに埼玉県では、 平成30年3月まにサクラの外来害虫である サクラの外来害虫である サクラの外来害虫である クビアカツヤミキリが、県南東 クビアカツヤミキリが、県南東 クビアカツヤミキリが、県南東 部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され部の草加市、 八潮及び越谷県北羽生行田熊深須で確認され今年 も被害 の拡大が懸念され 拡大が懸念され てい ます。そこで、 埼玉県環境科学国際センターはます。そこで、 埼玉県環境科学国際センターはます。そこで、 埼玉県環境科学国際センターはます。そこで、 埼玉県環境科学国際センターは県内の被害状 県内の被害状 況を把握するため、 県民参加 県民参加 による 調査を実施 調査を実施 します します 。調査結果は 、ホームペジを通じ随時公開 ホームペジを通じ随時公開 ホームペジを通じ随時公開 するともに、 するともに、 被害対策に活用さ 被害対策に活用さ 被害対策に活用さ せて いただき ます 。 皆様、ぜひご協力ください。 皆様、ぜひご協力ください。 皆様、ぜひご協力ください。

以上のように、県民の協力をお願い呼び掛けています。

fig1[1].png
クビアカツヤカミキリのオス(成虫)

fig2[1].png
クビアカツヤカマキリのメス(成虫)

写真は、「サクラの外来害虫“クビアカツヤカマキリ”被害防止の手引き」
埼玉県環境科学コクサイセンター発行のパンフに掲載されたもの。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。