So-net無料ブログ作成

ジャンボタニシと福川・北河原堤

 9月に入って、千葉産の新米が入荷したと連絡が入った。地元産は10月10日前後の刈り取りで、炊き立ての新米を食するのはもうちょっと先になる。

 去年見つけたジャンボタニシの卵のことが気になって、照願寺裏手、福川・北河原提の水田に足を運んだ。
 
 もう一か月もすれば稲刈りという水田の中にも、朱色の鮮やかなジャンボタニシの卵がイネの茎に産み付けられていた。ふ化して生育しているタニシもいるのではないかと、畦道に入って探してみると、何とも不気味な毒々しいカタツムリのようなものがうごめいている。

 「これだな!」と見て回ると、水が張ってある水田のあちこちで、うごめいている。
 かつて、食料用として導入されたということだか、とても食する気は起きない。イネに被害はないものかと心配になった。
 
 良く見ると、北河原提に囲まれた水田一帯に巡らされた水路のコンクリート護岸部分のあちこちに、ジャンボタニシの卵が産み付けられていた。
 
 利根川に合流する手前に「福川水門」があり、その手前で、「酒巻用水路」の取水口があり、その先は星川と合流し、見沼代用水路となる重要な農業用水路であることがわかる。

DSCF3048.JPG
ジャンボタニシ(1)

DSCF3045.JPG
ジャンボタニシ(2)

DSCF3066.JPG
ジヤンボタニシの卵

IMG_0043.jpg
北河原提(中条提の案内図)

DSCF3074.JPG
案内図、現在地点の堤防に囲まれた低地の水田(約10町歩あるとのこと)

DSCF3079.JPG
酒巻用水路の福川からの取水口

DSCF3115.JPG
前方に福川水門

DSCF3077.JPG
北河原・南河原地内を通って星川に合流する酒巻導水路

IMG_0032.jpg
菜の花の咲く、福川堤防と水門(2011年4月)

DSCF3103.JPG
福川堤防の雑草(花)名称不明

DSCF3108.JPG
上の雑草(葉と茎)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。