So-net無料ブログ作成

行田市党と後援会、改憲ストップ!総選挙勝利決起集会開く

 7月22日(土)日本共産党行田市委員会と後援会は、「みらい」会議室で、総選挙勝利に向けての決起集会を開催しました。

 決起集会では、7月19日の党創立95周年記念集会での、不破さん、志位委員長の記念講演、それに先立つ都議選での報告などに確信をもって、この12区でも野党と市民の共闘を実現し、うそとゴマカシの安倍内閣を退陣させようと、語り合う場となりました。

 最初に、栗原党市委員長が開会あいさつし、当日、地元のイベントがあり出席できなかった斉藤市議のメッセージを代読。市議会報告を大久保ただし市議が、「情勢と決意表明」を林ひろひで日本共産党衆議院埼玉12区予定候補がおこないました。

 林予定候補は、約10年間の「赤旗」記者の経験、先の都議選における「都民ファースト」などの絡むむつかしい選挙情勢の中で、日本共産党と市民の協同、選挙区によって多彩な野党共闘の展開などで、自民党を惨敗に追い込み、無党派層の受け皿となり、都議の議席を連続して伸ばすことが出来たことなどを強調しました。

DSCF7584.JPG
花束を受け声援にこたえる林ひろひで予定候補

DSCF7577.JPG
花束を贈られる林予定候補

DSCF7558.JPG
市政報告する大久保市議
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0