So-net無料ブログ作成

秩父札所めぐり(4回目)11月8日~9日、一泊二日

 秩父の紅葉が見ごろの頃を見込んで、都合4回目の札所めぐりを、11月8日~9日の一泊二日で決行しましたが、今年の秩父盆地の紅葉はまだ始まったばかりの様子でした。

 まず始めは、影森駅を下車。第26番円融寺へ。

DSCF0609.JPG
第26番円融寺

 26番円融寺の観音堂(岩井堂)行くには、昭和電工の工場敷地を通らせてもらって長い石段をの登って、琴平神社へ。工場内の通過はガイドブックにも掲載されており工場の守衛さんも緑色の歩道に沿って行ってくださいと親切に対応してくれた。

 琴平神社の奥へ行くと、そこからハイキングコースに。道不案内と足場の悪い尾根道は少々キツイ。

DSCF0639.JPG
岩井堂(円融寺観音堂) 

岩に這う樹木の根.JPG
樹木の根

琴平ハイキングコース(26番岩井堂から27番大渕寺へ行く尾根道の岩).JPG
26番岩井堂から27番大渕寺に行くコースは、海から隆起したといわれる秩父の岩山を地で行くようなコースで、護国観音へ上るくさり場は、少々緊張・・・。

護国観音.JPG
セメント製(白ペイントでコーティング)護国観音、これから下ったところが大渕寺

27番大渕寺(月影堂) 左山上に護国観音が見える.JPG
大渕寺、山門の右手上の木々の間に小さく護国観音様が見える。

28番橋立堂.JPG
28番橋立堂、社殿の裏の衝立岩の中が鍾乳洞になっている。

29番長泉寺.JPG
29番長泉寺

お茶の木の花(29番長泉寺).JPG
長泉寺のお茶の木の垣根。花が咲いていました。

浦山ダム.JPG
紅葉半ばの浦山ダム。この景色を見られる場所に「浦山山荘」(29番長泉寺から歩いて数分のところ)があり、ここに投宿。

17番定林寺.JPG
17番定林寺

17番定林寺の銅鐘(県指定文化財).JPG
埼玉県指定有形文化財の定林寺の銅鐘。「鐘は参詣の前に突いて」との記載があり、突かせてもらったが、いい音色でした。

19番龍石寺.JPG
19番龍石寺

21番観音寺(矢乃堂).JPG
21番観音堂(矢乃堂)

DSCF0850.JPG
22番岩乃上堂

20番岩乃上堂.JPG
20番岩乃上堂(本堂)

22番童氏堂(永福寺)茅葺の仁王門.JPG
22番童氏堂の茅葺の仁王門

童のような仁王様(童氏堂の仁王門)DSCF0881.JPG
童の様な仁王様。童氏堂のの所以か。

童氏堂(永福寺)本堂.JPG
童氏堂の観音堂

23番音楽堂.JPG
22番音楽堂


(秩父事件の折打ち鳴らされた)音楽堂の銅鐘.JPG
秩父事件の折、打ち鳴らされた音楽堂の鐘

秩父事件で打ち鳴らされた音楽堂の鐘.JPG
「明治17年11月、この鐘を打ち鳴らし秩父へなだれ込んだ」との説明書き

秩父事件無名戦士顕彰碑.JPG
秩父今民党無名戦士の顕彰碑。
1978年11月2日秩父今民党決起、百年記念事業として建立された。

21番の童氏堂から23番音楽堂に行くコースは、旧巡礼道。コース案内に沿ってのんびり歩いて行くと、途中からミューズパークへ行く車道を斜めに横切って上る山道に。ミューズパークに入って一休みしていると、ゴ~ンと鐘の音が。「この上が音楽堂だ」と登ってゆくとさの通り。

DSCF0929.JPG
音楽堂からの山道を下り、ハープ橋をわたって、秩父駅へ。一泊二日の札所めぐりを締めくくった。 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0