So-net無料ブログ作成

古代蓮の雫ー実は、南河原簡水の源水

 行田市が、地下230メートルの深井戸から採取した水を売り出した。
 「古代蓮の雫」のネーミングで、行田市内の観光名所を写し込んだラベルが
巻かれたペットボトル(500ミリリットル) 2、000本の限定販売だと云う。


 11月8日、第5回目の「市長と語る対話集会」が、南河原支所で開催され
参加者に、このペツトボトルが配られた。
 前日(11月7日)の埼玉新聞に、この記事が掲載され、それをコピーした当日
のプログラムもいつしょだった。
 開会後の挨拶で、工藤市長がこの水の話に触れたが、南河原の簡易水道の
「源水」とは言わなかった。大変好評で追加販売を水道の方で考えているようだと
付け加えたが・・・。

 ミネラルウオーター「古代蓮の雫」の「源水」は、南河原簡易水道の2号井戸
(上の写真)、地下230メートルから採取したものだ。合併以前にも、「ペットボトル
に入れて販売したら」との話はあったが、持ち上がらずに終わった。
 それでも、今日のミネラルウオーターブームで、「何とか還元水?」ほどではないが、
飲料水となれば水道の水ではなくて、ペットボトルの水を買う時代になって来ている。
 そこで、地元の知り合いの主婦は、この簡易水道の水を一度沸騰させ、冷まして
ペツドトルに詰め、冷蔵庫で冷やし夫に飲ませたところ、市販のミネラルウオーターと
の違いに気づかなかったという。
 我が家も時々そうしている。
 この井戸は、地元(旧南河原村、現、行田市中江袋)のさく井(井戸掘り)業者が、
まさに、長年培った匠の技で堀上げたものだ。
 この2号井戸は、「馬見塚公園」の一角にあり、その地下230メートルから汲み上げた
ものであり、「馬見塚の水」なのだと、「市長と語る対話集会」の場でもアピールした。
 ペットボトルのラベルのどこにも、南河原の文字は記載されてない。せめて、このブログ
で、「行田の水」といっているが、実は「南河原簡易水道の水(源水)なんですよ!」と、
一言いいたいのです。
 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 1

元南河原村人

一度沸騰させるのはなぜ?
日本のミネラルウォーターがそうだから?
沸騰させなくてもおいしいと思います。
by 元南河原村人 (2007-11-09 23:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0