So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

秩父線進駅ソシオ流通駅で乗車、大麻生駅で降り荒川の桜堤を歩く

 4月5月秩父線の新駅、ソシオ流通センター駅前の駐車場に車を置き、大麻生駅で降りて満開の桜並木を見ながら、熊谷方面に歩きました。

熊谷荒川堤防の桜並木(熊谷市赤城町付近).JPG
満開の桜(熊谷荒川堤、赤城町付近)

DSCF2498.JPG
秩父線新駅・ソシオ流通センター駅

桜と菜の花と秩父線の電車.JPG
桜と菜の花と秩父線の電車(大麻生駅を出て熊谷方面へ)

桜と菜の花と車両基地.JPG
秩父鉄道広瀬川原車両基地

DSCF2608.JPG
SL この日、公開されていて、機関室に乗り込む観光客も

花見客が大勢に(荒川大橋上流の堤).JPG
荒川大橋上流の桜土手(この辺から花見客が増えはじめる)

花見客(荒川公園脇).JPG
花見客(荒川公園脇)

DSCF2801.JPG
平日だが屋台も並びにぎわう熊谷桜堤

DSCF2806.JPG
さくらまつりメーン会場付近の満開の桜



広瀬野鳥の森で見つけた野草DSCF2647.JPG
以下、5枚の写真は、「ひろせ野鳥の森」のな歌を散策している途中で気づいたもの、あるいは気になってシャッターを押したものです。

DSCF2647.JPG
すみれの仲間

ムラサキケイマン.JPG
ムラサキケイマン

ムラサギゴケ.JPG
図鑑で見ると「ムラサギゴケ」ではないかとおもわれる。

トウダイグサ(広瀬野鳥の森).JPG
トウダイグサ

広瀬野鳥の森で見つけた野草 名称不明1.JPG
名称不明
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

馬見塚の今昔 貴重な写真・歴史と土木遺産

 現在のコンクリート製の馬見塚橋は、昭和10年竣工で、土木学会の歴史遺産に登録となっています。

 竣工時の記念、渡り初めの写真が残されており、「星川の自然とキタミソウを守る会」10周年の記念イベント(昨年さきたま古墳公園で開催)で、モノクロの写真を修復カラー化し、展示しました。

 馬見塚集会所にA3に引き伸ばした写真を額入りにして掲示したところ、「家にも古い馬見塚橋の写真がある」と、その原本を提供していただきました。

 丸太を橋げた用いた木造の橋の土木工事中と、その完成を記念してのものと思われるものの2枚の写真です。

 「よいとまけ」で橋げたの丸太を打ち込む、土木工事の様子を写した写真は、当時の土木工事の様子を見て取ることが出来き、また、知完成記念と思われる写真は、当時の服装や市井の様子も知ることのできる貴重なものと言えます。

 時代の特定には、検証が必要です。

 残された写真と同じ位置と方向にカメラを向けて、現在の風景を撮ってみました。

 その比較が以下のものです。

コピー ~ 78436302_00001.jpg

コピー ~ DSCF2192.JPG

コピー ~ 78983302_00001.jpg

コピー ~ DSCF2220.JPG

コピー ~ 78982202_00001.jpg

コピー ~ IMG_2301.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

秩父札所めぐり完結

 桜の開花宣言がいつ出るかと、春の知らせが日替わりでやってくるような陽気になった中、秩父札所34ヶ所めぐり最終の行程を、熊谷駅発・大野原駅着の秩父鉄道に乗って開始しました。

 残ったところは、18番の神門寺(ごうどじ)、12番の野坂寺を除くと秩父鉄道から西側の13番慈眼寺、14番今宮坊、16番西光寺と、高低差のない平坦な市街地だったので、大野原駅を下車して全工程をそれほど疲れることなく歩くことが出来ました。

 これで、秩父札所めぐり34ヶ所完結です。

まずは、18番神門寺。

18番神門寺(ごうどじ).JPG
18番神門寺

16番西光寺.JPG
16番西光寺

14番今宮坊.JPG
14番今宮坊

今宮神社の大けや木.JPG
今宮神社の大けやき(樹齢1000年以上とされている)

13番慈眼寺.JPG
13番慈眼寺

慈眼寺の彫刻.JPG
慈眼寺本堂の彫刻

12番野坂寺.JPG
12番野坂寺

野坂寺 山門の閻魔様.JPG
野坂字山門の閻魔様

野坂寺山門の像.JPG
野坂寺山門の五道天輪王(最終判決を下す地獄の王様)


番外編

廣見寺・1391(明徳2)年に開かれた秩父曹洞宗発祥の寺

DSCF2069.JPG
廣見寺の三門・1999(平成11)年11月再建された三門

DSCF2067.JPG
廣見寺三門の仁王像(阿)

DSCF2065.JPG
廣見寺三門の仁王像(吽)

ワシントン靴店.JPG
街中で見つけた「ワシントン靴店」

西武鉄道秩父線.JPG
西武鉄道秩父線の列車
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キタミソウの観察会と総会の開催

 「星川の自然とキタミソウを守る会」では、春のキタミソウ観察会と守る会の総会を、4月9日(日)馬見塚の第2集会所(西善院)開催します。

 観察会の時期には、新たな種が発芽し、みどりの帯状に群生したキタミソウとその可憐な星形の花を見ることが出来るでしょう。

 イネが実り、農業用水が落とされ、初冬に芽生え花を咲かせたキタミソウは、今は種を残し枯れています。(一部は寒さをしのぎ花を咲かせています。)

 以下の写真は、2017年1月下旬に撮影したキタミソウの写真です。

DSCF1648.JPG
キタミソウの種

DSCF1663.JPG
種を付けて枯れたキタミソウ

DSCF1679.JPG
枯れた株

DSCF1726.JPG
寒さをしのぎ(石の下)枯れずに花を咲かせているキタミソウ

DSCF1667.JPG
西善院前の群生地(手前の茶色くなっているのがキタミソウ)

◎総会及びキタミソウの観察と星川の清掃活動のご案内

1. 日   時  2017年 4月 9日(日)午前9時から
               
2. 時   間  ①総会  午前9時~午前10時
          ②キタミソウの観察、清掃活動 午前10時~午前11時

3. 集合場所  行田市馬見塚 第2集会所前(西善院)  

4.  用意するもの  長靴、汚れても良い服装
             (軍手、ビニール袋は用意します。)

  ※ 問合せ先
  ○星川の自然とキタミソウを守る会  栗原二郎 048-557-0091                         

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

林 秀洋(ひでひろ・日本共産党衆議院埼玉12区予定候補)のツイッター見ました 

 日本共産党衆議院埼玉12区の候補者に決定したことが、1月15日の新聞各紙に掲載されました。
 林 ひでひろ(秀洋)氏は、「しんぶん赤旗」県記者、日本共産党埼玉県議団事務局員を経て、現在は、日本共産党埼玉県委員会勤務(常任委員)。

 12区候補として発表されて以降、さっそく12区内の各地の行事に参加し、活動する様子が林氏のツイッターで毎日発信されています。

新しい画像.png
衆議院埼玉12区候補者の林ひろひで氏(42歳)

林氏のツイッターアドレス
https://twitter.com/HAYASHIhide22

新しい画像 (1).png
日本共産党第27回党大会に参加した衆議院候補の方々の写真
(左から現職・衆議院議員の梅村、13区の赤城、12区の林、11区の柴岡の各候補者の方々)

 今日まで日本共産党第27回大会に参加。埼玉11区予定候補の柴岡ゆうまさん(埼玉北部地区委員長)が中央委員に選任されました。私の活動地域を担当する地区委員長さんでもあります。ともにがんばる決意を固めあいました。
(写真と文は林ひろひで氏のツイッターから転載)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

福寿草が咲きました

 我が家の畑の、日当たりの良いひとさくに、福寿草が植えてあります。
 今年の寒さでは、まだ咲いていないだろうと、覗いてみるとあでやかな黄色の花弁が開いていました。枯草や土をはねのけ、多くのつぼみも顔をのぞかせています。
 
 春遠からず・・・、かな

DSCF1561.JPG

DSCF1548.JPG

DSCF1565.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

市民と野党の共闘で安保法制の廃止を 埼玉12区の会結成総会・講演会開催される

 2017年1月17日(火)行田市商工センターで、「安保法制を廃止し立憲主義を回復する埼玉12区の会」の結成総会が開かれました。

 会場の商工センター401会議室には、衆院埼玉12区の熊谷・行田・羽生・加須市の市民が駆けつけ会場はほぼ満席。
 「市民と野党の共闘で安保法制の廃止を」との小森陽一東京大学教授・全国9条の会事務局長の講演に聞き入りました。

 日本共産党埼玉県委員会は、1月14日衆院埼玉12区の候補者に、党県常任委員、元赤旗記者の林秀洋氏(42歳)を擁立することを発表し、野党候補が出そろいました。
 これまでも、埼玉12区内には、「野党を応援する」声があり、野党共闘を求める機運が高まっていました。
 また、オール埼玉総行動実行委員会の呼びかけを受け、「オール12区の会」(仮称)が立ち上げられ準備が進みました。
 そして、結成総会を迎えたものです。

総会では、「野党共闘の実現を求める」ことなどの「申し合わせ事項」を確認。熊谷、行田・羽生、加須地域から共同代表などの役員を選出し、相談役には「アベ政治を許さない」を揮ごうした金子兜太氏(ご本人も同意)の就任が了承されました。

DSCF6660.JPG
記念講演する小森陽一氏

DSCF6650.JPG
野党共闘の実現に期待して集まった参加者

DSCF6692.JPG
申し合わせ事項を確認、役員を選出した結成総会
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

秩父札所めぐり(4回目)11月8日~9日、一泊二日

 秩父紅葉が見ごろの頃を見込んで、都合4回目の札所めぐりを、11月8日~9日の一泊二日で決行しましたが、今年の秩父盆地の紅葉はまだ始まったばかりの様子でした。

 まず始めは、影森駅を下車。第26番円融寺へ。

DSCF0609.JPG
第26番円融寺

 26番円融寺の観音堂(岩井堂)行くには、昭和電工の工場敷地を通らせてもらって長い石段をの登って、琴平神社へ。工場内の通過はガイドブックにも掲載されており工場の守衛さんも緑色の歩道に沿って行ってくださいと親切に対応してくれた。

 琴平神社の奥へ行くと、そこからハイキングコースに。道不案内と足場の悪い尾根道は少々キツイ。

DSCF0639.JPG
岩井堂(円融寺観音堂) 

岩に這う樹木の根.JPG
樹木の根

琴平ハイキングコース(26番岩井堂から27番大渕寺へ行く尾根道の岩).JPG
26番岩井堂から27番大渕寺に行くコースは、海から隆起したといわれる秩父の岩山を地で行くようなコースで、護国観音へ上るくさり場は、少々緊張・・・。

護国観音.JPG
セメント製(白ペイントでコーティング)護国観音、これから下ったところが大渕寺

27番大渕寺(月影堂) 左山上に護国観音が見える.JPG
大渕寺、山門の右手上の木々の間に小さく護国観音様が見える。

28番橋立堂.JPG
28番橋立堂、社殿の裏の衝立岩の中が鍾乳洞になっている。

29番長泉寺.JPG
29番長泉寺

お茶の木の花(29番長泉寺).JPG
長泉寺のお茶の木の垣根。花が咲いていました。

浦山ダム.JPG
紅葉半ばの浦山ダム。この景色を見られる場所に「浦山山荘」(29番長泉寺から歩いて数分のところ)があり、ここに投宿。

17番定林寺.JPG
17番定林寺

17番定林寺の銅鐘(県指定文化財).JPG
埼玉県指定有形文化財の定林寺の銅鐘。「鐘は参詣の前に突いて」との記載があり、突かせてもらったが、いい音色でした。

19番龍石寺.JPG
19番龍石寺

21番観音寺(矢乃堂).JPG
21番観音堂(矢乃堂)

DSCF0850.JPG
22番岩乃上堂

20番岩乃上堂.JPG
20番岩乃上堂(本堂)

22番童氏堂(永福寺)茅葺の仁王門.JPG
22番童氏堂の茅葺の仁王門

童のような仁王様(童氏堂の仁王門)DSCF0881.JPG
童の様な仁王様。童氏堂のの所以か。

童氏堂(永福寺)本堂.JPG
童氏堂の観音堂

23番音楽堂.JPG
22番音楽堂


(秩父事件の折打ち鳴らされた)音楽堂の銅鐘.JPG
秩父事件の折、打ち鳴らされた音楽堂の鐘

秩父事件で打ち鳴らされた音楽堂の鐘.JPG
「明治17年11月、この鐘を打ち鳴らし秩父へなだれ込んだ」との説明書き

秩父事件無名戦士顕彰碑.JPG
秩父今民党無名戦士の顕彰碑。
1978年11月2日秩父今民党決起、百年記念事業として建立された。

21番の童氏堂から23番音楽堂に行くコースは、旧巡礼道。コース案内に沿ってのんびり歩いて行くと、途中からミューズパークへ行く車道を斜めに横切って上る山道に。ミューズパークに入って一休みしていると、ゴ~ンと鐘の音が。「この上が音楽堂だ」と登ってゆくとさの通り。

DSCF0929.JPG
音楽堂からの山道を下り、ハープ橋をわたって、秩父駅へ。一泊二日の札所めぐりを締めくくった。 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キタミソウが咲いています

 10月上旬に斎条堰が開けられ、上星川に蓄えられていた農業用水が落とされると、護岸から水辺までの両岸の泥湿地帯に、いち早くキタミソウが芽を出しその一面を占拠します。晴れの日が続くと1~2週間でつぼみが開花し、咲き終わったものは種をつけます。

 キタミソウの群生地となっている行田市馬見塚地区周辺の星川両岸、水辺近くでキタミソウが可憐な星形の花を咲かせています。

 今その営みが盛んです。

2016年10月31日 馬見塚キタミソウ.JPG
キタミソウ 10月31日(上星川)

DSCF0346.JPG
水辺のみどりの帯がキタミソウ

10月12日キタミソウ.jpg
キタミソウ 10月12日

DSCF0241.JPG
キタミソウの株 10月31日

DSCF0300.JPG
キタミソウ (開花中のものと種を付けるもの) 

DSCF0175.JPG
馬見塚橋とその先に北進大橋(未開通)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2016年の案山子はCDアクセント

 今年も、9月中旬に南河原小生徒作成の「案山子」が7体、稲穂の中に出現した。

 気づいたのは建てられてから一日二日だったと思うが、それからお日様には恵まれていない。
 
 暫しの晴れ間を縫ってカメチに収めたが、案山子と言えど気の毒だ。

 10月に入れば稲刈りで忙しくなる。もうしばらくの辛抱だ。

 今年の案山子は、CDが目玉!

DSCF9221.JPG

DSCF9185.JPG

DSCF9190.JPGDSCF9195.JPG

DSCF9201.JPG

DSCF6543.JPG

DSCF9211.JPG

DSCF9219.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -