So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

林候補の個人演説会大盛況!!

 10月18日行田市商工センターで、林ひろひで衆議院12区候補の個人演説会が盛況に開催されました。

 12区では、「安保法制を廃止し立憲主義を回復する埼玉12区の会」が結成され、野党統一候補擁立のため、協議を重ねてきましたが、会の趣旨に合致する候補者は、林候補のみとなったため、「12区の会」では、林候補と「政策合意書を締結」し、、「案保法制廃止」「戦争する国づくりに反対」を掲げ、林候補の支持を広げようとがんばっています。
 
 「12区の会」の代表から、そのことが報告され、林候補激励の挨拶がありました。

 安倍内閣の支持率は38%、不支持率は40%。安倍晋三首相に今後とも首相を続けてほしいかを聞いたところ、「続けてほしい」34%で、「そうは思わない」が51%と半数にのぼった。(10月19日・朝日新聞)

 林候補は、街頭演説で「国政私物化」「民意を踏みつける安倍政権退場」「北朝鮮問題でも経済制裁の強化と対話平和的に解決し、絶対戦争だけは起こしてなならない」と訴え、共感を呼んでいます。

DSC_0247.JPG
政策を訴える林候補
 
DSC_0226.JPG
個人演説会に駆けつけた支援者

DSC_0261.JPG
後援会から花束の贈呈

DSC_0264.JPG
声援にこたえる林候補

DSC_0288.JPG
参加者とがっちり握手


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

日本共産党12区林ひろひで個人演説会

 いよいよ総選挙が公示されました。
 埼玉12区は、「安保法制を廃止し立憲主義を回復する埼玉12区の会」が結成されて、市民と野党の共闘で、安倍政治を終わらせようと、統一候補の擁立に向け協議されてきましたが、12区の民主党候補者が小池・希望の党からの立候補となり、野党共闘は実現しませんでした。

 12区の会では、「安保法制廃止、立憲主義回復」の立場に立つのは、日本共産党の林候補しかいないとことを会として確認し、林候補との間で「合意書」をかわし、安倍政治退場めざし奮闘しています。

 12区では、林候補のほか、民主党から希望の党に移った森田候補、前回TPP反対を農協と約束し、TPPに賛成し約束を反故にした自民党の野中候補が立候補しています。

 林ひろひで候補の個人演説会のお知らせ

●林ひろひで個人演説会

・10月18日(水)午後6時開場

・行田市商工センター401会議室

S0227702.JPG

林候補と候補者カー.JPG

DSCF7722.JPG

DSCF7715.JPG

女性メガホン隊.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2017 今年の案山子は個性はぞろい!

 2017年9月中旬、南河原の稲田の中に、恒例の小学生創作の案山子が出現した。
 今年の案山子は、あっち向いたりこっち向いたり、衣装もバラバラの個性派揃。

 梅雨に雨が降らず、梅雨明け宣言がされると、戻り梅雨のような天候が二十日以上も続き、日照不足が心配されたものの、その後の残暑が半端ではなく、何とか作況指数も平年並みと言われ持ち直した感じて、刈り入れ前の頭をたれかけた稲田に、かの案山子達は、一本立で現れたのだ。

 7体の案山子軍団。沖縄・九州、中国・四国、東北・北海道まで局地的豪雨・台風の襲来を受けながらも、関東平野、とりわけ埼玉県北部の穀倉地帯は、その被害から運よく免れた。
 
 これも、7体の案山子のお蔭か・・・。
 案山子軍団のしんがりは、遊び人風のお兄さん。それも浴衣の着流しだ。
 その他の面々はどうかな?

DSCF3163.JPG 

DSCF3126.JPG

DSCF3128.JPG

DSCF3187.JPG

DSCF3137.JPG

DSCF3145.JPG

DSCF3149.JPG

DSCF3123.JPG

DSCF3139.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ジャンボタニシと福川・北河原堤

 9月に入って、千葉産の新米が入荷したと連絡が入った。地元産は10月10日前後の刈り取りで、炊き立ての新米を食するのはもうちょっと先になる。

 去年見つけたジャンボタニシの卵のことが気になって、照願寺裏手、福川・北河原提の水田に足を運んだ。
 
 もう一か月もすれば稲刈りという水田の中にも、朱色の鮮やかなジャンボタニシの卵がイネの茎に産み付けられていた。ふ化して生育しているタニシもいるのではないかと、畦道に入って探してみると、何とも不気味な毒々しいカタツムリのようなものがうごめいている。

 「これだな!」と見て回ると、水が張ってある水田のあちこちで、うごめいている。
 かつて、食料用として導入されたということだか、とても食する気は起きない。イネに被害はないものかと心配になった。
 
 良く見ると、北河原提に囲まれた水田一帯に巡らされた水路のコンクリート護岸部分のあちこちに、ジャンボタニシの卵が産み付けられていた。
 
 利根川に合流する手前に「福川水門」があり、その手前で、「酒巻用水路」の取水口があり、その先は星川と合流し、見沼代用水路となる重要な農業用水路であることがわかる。

DSCF3048.JPG
ジャンボタニシ(1)

DSCF3045.JPG
ジャンボタニシ(2)

DSCF3066.JPG
ジヤンボタニシの卵

IMG_0043.jpg
北河原提(中条提の案内図)

DSCF3074.JPG
案内図、現在地点の堤防に囲まれた低地の水田(約10町歩あるとのこと)

DSCF3079.JPG
酒巻用水路の福川からの取水口

DSCF3115.JPG
前方に福川水門

DSCF3077.JPG
北河原・南河原地内を通って星川に合流する酒巻導水路

IMG_0032.jpg
菜の花の咲く、福川堤防と水門(2011年4月)

DSCF3103.JPG
福川堤防の雑草(花)名称不明

DSCF3108.JPG
上の雑草(葉と茎)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

「夏の自然観察会・行田自然八景、星川とキタミソウ」開催のお知らせ

 下記により、「夏の自然観察会・行田自然八景、星川とキタミソウ」が開催されます。
 どなたでも参加できます。

      記

1. 日   時  2017年 8月 27日(日)  

   午前7時45分受付・集合、午前8時00分開始
           (小雨決行、午前11時00分・終了解散予定)

2. 集合場所  行田市馬見塚 第2集会所前(西善院)

3. 用意するもの   ・長靴、汚れても良い服装
              ・筆記用具、カメラ
              ・持っている方は、双眼鏡(7~8倍)
            
  ※ 問合せ先
  ○星川の自然とキタミソウを守る会   会 長 栗原二郎 048-557-0091
  ○       〃              事務局 江袋秀行 048-557-0061 

  ◎当日は、「守る会」によるかき氷のサービスがあります。
           (参加者は無料、お代わり自由です)

新しい画像.png
2016年8月31日 星川右岸・下池守の屋敷林に留まるシラサギの群れ(その後は、こんな光景は見られない)

今後の、『未来へ残したい行田の自然八景』ウォークの案内

第㉘回『未来へ残したい行田の自然八景』ウォークin忍川上流部・自然発見
○ 2017年11月19日(日)開催、  AM9 : 00 開始
   ○集合場所 行田市役所・玄関前
   <参加条件・ロングコースですので、1万歩以上歩ける方>

第㉙回『未来へ残したい行田の自然八景』クォークin旧行田市街地の路地と足袋蔵めぐり
   ○2018年3月 4日(日)開催、  AM9 : 00 開始 
○集合場所 行田市役所・玄関前
   <参加条件・ロングコースですので、1万歩以上歩ける方>

新しい画像 (1).png

新しい画像 (2).png
上、行田市行田の「足袋と暮らしの博物館」、下・博物館裏手の愛宕神社入口に建てられた「代官所跡」の石碑
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

行田市党と後援会、改憲ストップ!総選挙勝利決起集会開く

 7月22日(土)日本共産党行田市委員会と後援会は、「みらい」会議室で、総選挙勝利に向けての決起集会を開催しました。

 決起集会では、7月19日の党創立95周年記念集会での、不破さん、志位委員長の記念講演、それに先立つ都議選での報告などに確信をもって、この12区でも野党と市民の共闘を実現し、うそとゴマカシの安倍内閣を退陣させようと、語り合う場となりました。

 最初に、栗原党市委員長が開会あいさつし、当日、地元のイベントがあり出席できなかった斉藤市議のメッセージを代読。市議会報告を大久保ただし市議が、「情勢と決意表明」を林ひろひで日本共産党衆議院埼玉12区予定候補がおこないました。

 林予定候補は、約10年間の「赤旗」記者の経験、先の都議選における「都民ファースト」などの絡むむつかしい選挙情勢の中で、日本共産党と市民の協同、選挙区によって多彩な野党共闘の展開などで、自民党を惨敗に追い込み、無党派層の受け皿となり、都議の議席を連続して伸ばすことが出来たことなどを強調しました。

DSCF7584.JPG
花束を受け声援にこたえる林ひろひで予定候補

DSCF7577.JPG
花束を贈られる林予定候補

DSCF7558.JPG
市政報告する大久保市議
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

4野党が結集、12区の会講演会が行田で

 7月9日行田市教育文化センター「みらい」ホールで、「安保法制を廃止し立憲主義を回復する埼玉12区の会」主催の講演会が、自由党の森ゆうこ参議院議員(新潟県選出)を迎えて開催されました。

 これには、民進党・日本共産党・自由党・社民党の4野党結集。それぞれ代表が挨拶しました。

 民主党と日本共産党は12区の予定候補の森田氏と林氏が挨拶。自由党は松崎氏、社民党は川辺氏が、それぞれ党を代表してあいさつしました。
 
 安倍自公政権を終わらせるためには、野党がバラバラでは勝てない。地域での共闘体制や、政党間の候補者調整など困難な問題もあるが、まとまって相手よりも一票でも上回れば小選挙区では勝てる。全国で其の闘いが組めれば、安倍政権を打倒し政権交代も可能だとの展望が語られました。

 森ゆうこ参議院議員は、国会終盤の委員会での可計問題での追及や、新潟の参議院選・県知事選での野党共闘での成功体験などを、豊富な事例をあげ語りかけ、特に、新潟県知事選では告示直前の立候補表明にも関わらず、結集した各分野の頑張りで必ず勝てると確信をもってたたかえたと振り返りました。

 埼玉12区でも、4野党が結集すれば勝利できる展望が語られた集会でした。

DSCF7522.JPG
12区の会役員と森ゆうこ氏

DSCF7502.JPG
森ゆうこ参議寸議員

DSCF7498.JPG
4野党が結集、森田・林予定候補も

DSCF7469.JPG
挨拶する林氏

DSCF7462.JPG
挨拶する森田氏
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

共謀罪NO! 125号(行田)からくり時計交差点でスタンデイング

 共謀罪NO!の意思表示と、強行採決を許さないとの思いを込めて、国道125号4行田市城西の交差点(からくり時計塔前)で、スタンクデイングを行いました。

 国際的にも懸念が示され、多くの国民の間でもプライバシーや基本的人権侵され、戦前の治安維持法と言われる共謀罪を「成立させない!」と行田の市民が立ち上がりました。

 この場所での、スタンデイングは2回目。午前7時40分から約1時間、行き交うドラスバーや通勤・通学の人にアピールしました。

スタンデイング6月13日からくり.JPG
スタンデイング・からくり時計塔前の交差点

からくり時計スタンデイング.JPG
125号城西交差点で

DSCF7350.JPG
からくり時計塔
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

6・4オール埼玉総行動、12区の会も参加

6・4オール埼玉総行動、北浦和公園に13、000人、12区の会ものぼり旗掲げ参加。

安保関連法廃止! 立憲主義を取り戻す! 9条こわすな 戦争させない!埼玉から流れをかえよう!
埼玉から流れをかえよう! 草の根の民主主義を全国に広げよう 「6・4オール埼玉総行動」が、6月4日(日)北浦は公園で開催され、13、000を結集しました。
 
 集会では、「野党は共闘を」と、枝野幸男民進党前幹事長、小池晃日本共産党書記局長、福島みずほ社民党副党首、青木愛自由党副代表がそれぞれ挨拶し、共謀罪法案阻止や安倍内閣打倒を訴えました。

 衆議院埼玉12区(熊谷市・行田市・羽生市・加須市)でも、「安保法制を廃止し、立憲主義を回復する埼玉12区の会」が結成され、この集会に「12区の会」ののぼり旗を掲げ参加しました。
 集会後、12区の隊列を組み、浦和駅までデモ行進しました。

6.4オール埼玉そう行動.JPG
6.4オール埼玉総行動

6.412区の会.JPG
12区の会」のぼり旗を掲げて参加

 12区の会では、7月9日(日)戦争はいやだ!平和をまもろう!と、自由党の森ゆうこ参議院議員を迎えて、下記により「埼玉12区の会講演会」を開催します。
 是非ご参加下さい。

埼玉12区の会講演会

日時 7月9日(日) 午後2時00分開始 場所 行田市教育文化センターみらいホール
入場料 500円
講演 「野党共闘を語る」
講師 自由党参議院議員 森ゆうこ氏

0f5aa5a9b038907a4d6a0bc433276668[1].jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

温泉入浴と「ハンセン病・人権」を学ぶ旅

温泉入浴と「ハンセン病・人権」を学ぶ旅

5月21日(日)日本共産党行田北・南河原後援会では、草津温泉への日帰り入浴と、国立療養所栗生楽泉園重監房資料館見学のバスハイクを実施しました。
朝7時30分に行田市総合運動公園駐車場を、総勢19名(運転手含む)で出発。全行程一般道を選択しながらも、バスは予定より少し遅れ11時前に資料館に到着しました。

 車中で、参加者作成のものと、資料館から送っていただいた資料に目を通していたこともあり、館内での映像や展示コーナーでの説明はより理解が進み、改めて患者への隔離政策・人権侵害の実態に驚きと怒りを覚えました。
 
 「重監房」の知られるきっかけは、「1947年日本共産党員が、選挙運動のため来園したことがきっかけ」、「アカハタで取り上げられた」との説明版があり、日本共産党員の先人の業績が紹介されていました。
 
 昼食・休憩、温泉入浴は「大滝乃湯」。帰路、「八ツ場ふるさと館」などの「道の駅」にも立ち寄り、ツアーも楽しみました。

重監房資料館で説明を聞く.JPG
重監房資料館で説明を聞く

DSCF2396.JPG
重監房再現展示室入口

八ツ場ふるさと館前の橋からの眺め.JPG
八ツ場ふるさと館前の橋から架下を望む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -